浄水器の選び方

浄水器の選び方

 

浄水器は、水道水に入っている塩素などの不純物をはじめ、原発事故で問題になっている放射性セシウムも取り除くことができます。

 

ただ、価格や性能、浄水方式によって、浄水能力にかなり差があります

 

また、実際購入して使うとなると浄水能力の他にも設置性(どこに取り付ける)や1分あたりの浄水量(水の使用量)、本体価格以外の定期的にかかるフィルターorカートリッジ費用などもありますので、浄水能力と合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

 

■浄水器の設置タイプには、蛇口に直付けタイプ、据え置きタイプ、キッチン収納型と大きく分けて3つのタイプがあります。

 

 

1.蛇口に直付けするタイプ(カートリッジ式)の浄水器のメリットとデメリット

 

 

蛇口に直付けタイプの浄水器は、本体価格が5000円〜比較的安価で購入できて、フィルターも一個(3000円〜)と安いです。

 

また、専用の金具を使えば大抵の蛇口に直接取り付けることができるのも使い勝手が良いです。

 

ただ、蛇口に直付けなので、蛇口部分が大きくなるため、なべを洗ったりと大きい洗い物の際に多少邪魔になりますが、据え置き型のように浄水器の置き場所を取らないので、台所に浄水器を置くスペースがないお家でも使えます。

 

浄水能力については、現在では蛇口直付けタイプでも約20種類近い物質を取り除く高性能なタイプもあり、設置のしやすさと適度な浄水能力を合わせて持っており、浄水器の入門用としてもおすすめです。

 

ただ、カートリッジが蛇口につけられるサイズということもあり、浄水能力は限定されます。現在巷を騒がしている、放射性セシウムなどは、蛇口取り付けタイプでは除去できないので、とりあえず最低限の塩素やカビなどを取り除きたい方向きの製品です。

 

こちらの製品ですが、私の実家で使用していますが、水道水と比べると、水道水の臭いがしなくなるなど、価格の安さの割りに効果を実感できます。

 

1分あたりの浄水量についても、やかんを満杯にする時に少し遅いかなと感じる程度で、水の水量が極端に悪いとは感じません。

 

蛇口直付けタイプの浄水器でおすすめのメーカーは、三菱レイヨンのクリンスイ東レのトレビーノ カセッティあたりが、浄水能力が高く候補にあがります。

 

 

 

蛇口取り付けたタイプの浄水器のカートリッジ費用は一個当たりは3000円〜と比較的安いですが、3ヶ月〜半年に一度交換が必要なので(※水の使用量にもよりますが)、購入する際は、本体プラス1年間通してのカートリッジ費用で計算しましょう。

 

蛇口取り付けタイプの年間カートリッジ代の費用は、モノによりますがだいたい一万円前後(本体は別)です。

 

2.据え置きタイプの浄水器のメリットとデメリット

 

 

据え置きタイプはその名の通り、蛇口に取り付けるタイプよりも、本体やカートリッジが大きいため、蛇口タイプより浄水能力が高いものが多いのが特徴です。

 

浄水器は、不純物を取り除く浄水能力が高いものが欲しい人は、このクラス以上のものがおすすめです。個人的におすすめの逆浸透膜(RO)の浄水器もこのクラスからありますので、据え置き型を検討の方は候補にしてみてください。

 

据え置き型は、浄水能力が上がりますが、それに反比例するように、毎時間あたりの浄水量は下がります。※一時間当たりに使える(精製できる)浄水には限度があります。

 

私も過去に据え置きタイプを使用していたことがありますが、やかんや鍋に水を溜める時など、普段の勢いのある水道の水量から比べると、浄水器からは水道の半分以下位の量しか出ないので、急いでいるときは結構イライラします。最初は困りますが、慣れてしまえばそういうものだと理解できます。

 

これまで据え置き型の浄水器を一度も使ったことがない人は、浄水器の水の出る量の少なさにビックリされるかもしれません。

 

ただ、浄水に時間が掛かる=各フィルターを通って不純物が無くなった純粋できれいなお水が出ていると思えば健康的で安心です。

 

最近話題の放射性物質も逆浸透膜タイプ(RO)浄水器を使えば取り除くこともほぼ可能ですので、福島原発の近隣に住んでいる方や飲み水が心配な方は検討してみてください。

 

据え置き型で逆浸透膜タイプの浄水器だと、coway製浄水器が設置の手軽さもあり、今一番売れています。

 


国内1位の浄水器ブランド! コーウェイ 浄水器 ランキング 放射能 放射能汚染 食品 対策 水 放射...

 

据え置き型タイプは、毎時間あたりの浄水量が少ないのがデメリットですが、それをある程度解消したのが、以下の簡易工事が必要なキッチン収納タイプになります。

 

 

3.簡易工事が必要なキッチン収納タイプ(アンダーシンク)の浄水器

 

 

浄水器の中でも特に高級なタイプ(逆浸透膜浄水器((RO))等や不純物が多く取り除ける高性能なモノ)になると、フィルターや浄水を貯蔵するタンクが大きなものになり、キッチンの足元の収納扉の中に収納するタイプ(アンダーシンク)があります。

 

こういったタイプのものは、不純物の少ないきれいな水を作りますが、その分1時間当たりの浄水量(水を精製する量)がかなり少ないので、基本的に、浄水を使わないときに貯蔵タンクにあらかじめ浄水した水を溜めておき、蛇口をまわしたときは貯蔵タンクに溜まった水を使っていくことで、浄水量を調節しています。

 

なので、野菜を洗ったり、お米をといだりして、今まで溜めていた貯蔵タンクの水が全部無くなってしまうと、水の出が急激に悪くなりますので、しばらく貯蔵タンクに溜まるまでは、浄水器のお水は使えません。使えても出てくる水は微量です(笑)

 

上記のようなデメリットがありますが、この簡易工事が必要なタイプの浄水器を選ぶメリットは、不純物を取り除く浄水能力の高さとその浄水量の多さが上げられます。

 

コップ一杯の水ややかんに水を組む、鍋に使いたい位で良いのでしたら、据え置き型の浄水器でも上水量の高いものを選べばそれなりに答えてくれますが、もっといろいろとお米を研いだり、野菜を洗ったりとするのに浄水した水を使いたいのでしたら、こちらのタイプを選択すると良いでしょう。

 

キッチン収納(アンダーシンクタイプ)の浄水器は、価格が10万以上するものもあり、かなり高額になりますので、一日にどれ位浄水した水が必要かによって、比較的安価な据え置き型と比較してみると良いです。

 

また、キッチンに適度にスペースが必要なので、設置についてもあらかじめ確認する必要があります。

 

私のうちでは、水の質に気をつけるようになってから、キッチン収納タイプの逆浸透膜浄水器を使っていますが、浄水量については、ときたまタンクの水を使い切ってしまい、水の出が悪くなり困ることもありますが、それ以外は満足度が非常に高いです。

 

 

逆浸透膜浄水器(RO)なので、今話題の放射性物質も取り除けますので、どこで採水したかわからないペットボトルの水を購入するよりも安心で良いと思います。現在フィルター交換などは、設置してもらった時からずっと専門業者の方にやってもらっていますが、フィルター代+メンテナンス費用で年間1万5千円ほど(二万弱)だったと思います。

 

水の安心を手に入れたい方は、逆浸透膜タイプの浄水器をぜひ検討してみてください。