サニーレタスを栽培するのに必要なもの

サニーレタスを栽培するのに必要なもの

こちらでは、無農薬でサニーレタスを栽培するのに必要なもの(肥料、石灰,農機具など)について紹介しています。

 

 

 

1.サニーレタスの苗

 

 

サニーレタスを栽培に適した時期(春〜夏)になると、農業用品や草花を種を扱っているお店またはインターネットの通販で購入できます。なるべく大きくなっているものが理想です。あまりにも小さいと畑に移して植えたときに枯れる確率が高くなりますし、小さいとそれなりに神経を使って育てる必要があります。

 

 

2.有機石灰

 

 

石灰は、酸性の土を中和させる作用があります。野菜によっては、酸性土壌が良いものもありますが、基本的には中性にしておくくと何かと良いです。

 

サニーレタスの適正PH値は6.2〜6.8で、中性が約7.0を基本とすると、石灰を使うことで、適正に近づけることができます。

 

私もサニーレタスの畑に石灰を使って土壌を中性にしました。それで特に病気などにはならず、問題なく収獲できました。

 

私は、普通の石灰を使っていましたが、有機石灰というのもあり、こちらを使うと、石灰を撒いてから土になじむまで日にちをおかなくても、すぐにでも苗を植えることができるメリットがあります。手間を掛けたくない人にはおすすめの石灰ですね。また有機なので有機栽培したい人にも安心して使えます。

 

ちなみに有機石灰は卵殻、魚貝など種類もあるので、それぞれ使ってみるのも良いです。畑の大きさにもよりますが、石灰はパラパラふり撒いて、結構量を使うので、プランターなど限られたスペースで栽培する以外は、10kgタイプなど、出きれば大きめサイズを購入しておくとお得です。

 

 

3.有機肥料

 

 

野菜を育てるのをサポートするのが、肥料です。また追肥するときに必要になります。普通は化成肥料を使うように、種の栽培方法に書かれていますが、こちらも自宅で栽培するなら有機に拘った有機肥料を使いたいですね。

 

有機肥料については、すべて有機のものもあれば、有機成分○○%配合など、部分的なものもありますので、よく表示を確認してからできるだけ、有機成分で構成されているものを購入するようにしましょう。こちらも10kg.20kgなど大きめサイズを購入しておくとお得です。健やかファームの有機肥料は口コミや評判も良くて信頼できる有機肥料です。

 

 

基本的に、上記三点があれば、サニーレタスを作ることができます。もちろん石灰や肥料がなくても作ることは可能だと思いますが、使ったほうが良いものを作れる(作りやすい)と思います。とりあえずサニーレタスの苗を買ってきて始めてみましょう。

 

 

 

その他に必要な農機具

 

 

 

1.くわ(鍬)

 

 

 

 

土を耕すのに必要なのがくわ(鍬)です。穂先が鉄のものもありますが、ステンレスの方がさびに強くおすすめです。さびに強いですが、使い終わったら、ちゃんとくわの先に付着した土を取り除いておくとより長持ちします。重さや使い勝手などもありますので、実際にホームセンターなどで手にとって確認してみると良いでしょう。

 

ちなみにホームセンターよりもネットで購入すると値段は安く買えます。ただあまりにも安いものだと、痛みやすいので、それなりに頑丈で信頼性のあるものを選びましょう。結構くわは酷使しますので、木材とステンレスの連結部分が丈夫なものを選びましょう。

 

 

2.小型のシャベル(スコップ)

 

 

 

サニーレタスの苗を植えるときの小さい穴を掘るときに必要です。手でも出来ますが、持っていると何かと便利です。100円ショップでも売っていますので、購入しておくと良いでしょう。

 

 

一応サニーレタスを苗から育てるのでしたら、以上のものがあれば十分ですね。