ナスの育て方|無農薬でナスを実際に栽培してみました!

ナスの育て方|無農薬でナスを実際に栽培してみました!

こちらでは、無農薬に拘ったナスの育て方、栽培方法について、家庭菜園初心者の管理人が実際に家庭菜園(畑)で実践してみながら試行錯誤を繰り返す、体験ベースで感想を紹介しています。

 

ナス苗を自分で育てて食べる私の栽培日記

 

まず、私はある程度育ったナス苗を農業用品店で購入してきて、それを植えることからスタートしました。

 

大きさにもよりますが、1個100円前後で購入できるので、ナス苗はそれほど高くないです。

 


※楽天市場でも購入できます。

 

ちなみに、私は、仕事の合間に畑に行くので、ナスの世話が出来るのは一週間に1〜2回程度になります。それ以外は基本ほったらかしになってしまいますが、どうなることか。

 


※2012年5月5日現在

 

一応、畑の下準備として、石灰を撒いて土を耕した後、雑草防止の黒いビニールシートを被せたところに以下のように植えていきます。

 


※2012年5月5日現在

 

実は、2012年4月30日に第一陣のナス苗を植えていましたが(※カメラで撮っておくのを忘れてしまいました)、あまりにも小さいナス苗だったので、数日のうちに何個か枯れてしまったようです。

 

今回は、その枯れて空いてしまった箇所に補植する感じで植えていきます。

 


※前回の教訓で、小さすぎるナス苗は、神経質に育てる必要があるので、毎日世話が出来ない人は避けたほうがよさそうです。

 

また、ナス苗が残ったので、新たに一列耕したところに植えれるよう準備しました。素人のなので仕事がヘタですが、本当は、一度平らにして、苗を植える部分だけ、水捌けをよくするため、山になるように耕すのですが、思ったように形が作れず、直線ではなくいびつになってしまいました。なかなか上手くいきません。

 

 

今回は、めんどくさかったので黒いビニールシートは被せずに、直接植えてしまいました。※一応ビニールシートの有り無しでの成長の効果を比較してみます。

 

 

今回植えたナス苗は、以前植えたものよりも、緑が強く背も一回り大きく元気が違いますね。期待が持てそうです。

 

 

 

この日は、植えた後に少し時間があったので、新たに畑の面積を増やして終了です。

 

 

まだまだ、隣には草が生えたまま放置された土地があるので、今後さらに畑を拡大しようと思案中です。一人でくわ1本で耕すには結構体力を使います。腕は太くなりますが、農業はダイエットにもおすすめですね。

 

 

 

ナス苗を植えてから3日後

 

 

時間があったので畑に行ってみました。植えてから三日なのでまだ大して成長していません。

 


※2012年5月8日現在

 

今日は、ナス苗の木(枝)を安定させるため隣に支柱を立ててみました。材料は、1〜1.5メートル位の長さの竹と荷造りに使うようなビニールひもです。竹を苗の近くに立てた後、軽くナスの木?に縛っています。

 

 

支柱については、竹でなくても市販のものでも代用できます。

 


※楽天でも取り扱ってます。

 

 

石灰と肥料を根にかからないよう、少し撒いていますので、土が白っぽくなっています。

 

一応支柱を立てたナス苗の畑の全体像はこんな感じになりました。
※新たに耕した左側の3列目はトマトになりました。。

 

 

 

ナス苗を植えてから8日後

 

少し時間が空いてしまいましたが、ナス苗の近況です。

 

植えてから一週間が過ぎたので、ある程度ナス苗に存在感が出てきた感じです。特に大きな作業はないですが、ナス苗の周りの土をかき混ぜて、空気に触れるようにして、軽く除草対策をしています。

 


※2012年5月13日現在

 

 

 

 

ナス苗を植えてから16日後

 

 

一週間ほど畑にいけませんでしたが、久々に見ると葉っぱが三段になり、あきらかに色も力強く大きくなっています。

 


※2012年5月21日

 

 

 

続きを読む>>ナス苗を植えてから22日後〜|ナスの栽培日記