トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング)は食べない。

トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング)は食べない。

 

私がオーガニックな生活を行ううえで、実践してるひとつにトランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング)などの食品を出来るだけ食べないというのがあります。

 

トランス脂肪酸の危険性については、オーガニック系(健康や病気に関すもの)の書籍でもよく言われていますが、インターネットで”トランス脂肪酸”と検索してみるだけでも様々な健康被害や体への影響等が確認できます。

 

トランス脂肪酸が与える健康への影響

 

悪玉コレステロールを増加させる。動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなど。

 

上記のように悪影響がありますので、トランス脂肪酸に関しては、出来るだけ食べないようにするのが理想です。

 

トランス脂肪酸を不摂取の実行はなかなか難しい

 

ただ、このトランス脂肪酸ですが、よく言われてるのがマーガリンなので、マーガリンそのものを食べないようにすればいいと考えがちですが、実はマーガリンは様々な食品に含まれているので、もしトランス脂肪酸自体を今後摂取しないと決めると、かなりの食品が食べれなくなることになります。

 

私もトランス脂肪酸の不摂取はできる限り実行に移していますが、以前まで食べていたものが、これを実行することで、かなりの割合で食べれなくなることに驚きました。

 

トランス脂肪酸(マーガリン)が含まれている食品

 

パン(菓子パン含む)
クッキー(お菓子)
その他マーガリンやショートニングを使用した食品

 

マーガリンがダメということで、まずほとんどの大手食品会社で作られている食パン(菓子パン含む)は残念ながらほぼ全滅します。購入するときに、商品の表面や裏側に記載されている原材料の表示部分をぜひ確認してみてください。

 

こんなにもマーガリンが使われていたのかと思うほど、本当にたくさんの食パンにマーガリンが使われています。危険だといわれているのにも関わらず、特に菓子パンはほとんどがダメです。

 

なかにはマーガリンが入っていないパンを見つけることもありますが、そこにはマーガリンの代わりにショートニングが入っていて、このショートニングもトランス脂肪酸なのでNGです。

 

結局食パンに関しては、トランス脂肪酸に気をつけるなら、大手の食品会社の食パンはほぼ食べられなくなりますので(大手食品会社のものにはマーガリン以外にも添加物や保存料もかなり入っていますのでおすすめできませんが)、もし今後もパンを食べるなら、トランス脂肪酸に気をつけているこだわりのパン屋さんを見つけるしかありません。

 

このトランス脂肪酸に出会うと、実はパン屋さん探しをしないといけません。

 

脂肪酸に理解のあるパン屋さんの探し方

 

近所のパン屋さんを一軒一軒当たっていくのもいいですが、意外とマーガリン使っていませんなどトランス脂肪酸に理解のあるパン屋さんは少ないです。

 

なのでインターネットのクチコミサイト(食べログ等)などで、自分の家の近くにあるそういうお店を探すのが良いです。地域名+パン屋さんで検索してまずは、近所のパン屋さんがどれ位あるか確認しましょう。大抵、トランス脂肪酸に気をつけていたり、有機にこだわっているパン屋さんは珍しいので、インターネットだとすでにクチコミが広がっていて、見つけやすいです。

 

私もネットで検索して、自宅から周囲20km圏内で4〜5件のこだわりのパン屋さんを見つけました。

 

ネットで見つけた後、ホームページとかで情報がなければ、直接お店にいって 「このパンはマーガリンは使ってますか?」と尋ねて、店員さんやお店の人の反応をみましょう。

 

トランス脂肪酸に詳しい人は、ちょっとしたキーワードに気づいて店員さんの方からいろいろ話してきます。全く気をつけていないパン屋さんは「この人何?」みたいな???のような感じになりますので、判断はすごくわかりやすいです(笑)

 

トランス脂肪酸に詳しいこだわりのパン屋さんはそこが売りでもあるので、バイトの店員さんにもある程度の知識を与えています。でないと、せっかく遠くからやってきたお客さんを逃がしてしまいますので。ぜひ上記のようなやりとりをして、トランス脂肪酸に気をつけている、こだわりのパン屋さんを見つけましょう。

 

ちなみにパンだけでなく、クッキー系のお菓子にもマーガリンは使用されていますので、お菓子を買うときには食パンと表示成分は常に確認しましょう。